神戸市中央区春日野道駅付近の内視鏡(胃カメラ)と禁煙外来は当院まで
HOME>禁煙外来

| 禁煙外来 |

禁煙外来と健康保険

病院の禁煙外来では、禁煙治療が健康保険の適用になる為のいくつかの条件があります。
禁煙治療の健康保険適用の条件にあてはまる場合には、禁煙外来という専門の診療科でなくても禁煙治療が受けられます。 各病院や医院などで禁煙が依頼の受け入れ態勢があるかどうかは、必ず確認してから禁煙外来を受診してください。
禁煙外来で健康保険適用になる為の条件をあげてみます。まずは、禁煙外来を受診した患者さんが禁煙を希望することです。
次に、「禁煙治療のための標準手順書」に記載されているニコチン依存についての下記に示すスクリーニングテストの結果が5点以上であり、 ニコチン依存症と診断された場合です。また、1日の喫煙本数×喫煙年数が200以上の場合であり、「禁煙治療のための標準手順書」に則った禁煙治 療について説明を受 け、禁煙外来で禁煙治療を受けることを文書により同意した場合です。

禁煙外来で禁煙治療を受ける為には、患者側にこれらのすべての条件が必要とされます。これらのすべての条件を満たした場合にのみ、 禁煙外来で禁煙治療を行う事が可能なのです。禁煙外来での治療は5回までが、健康保険が適用されます。
禁煙外来の治療は、初回、2週、4週、8週、12週、の計5回で完了となります。禁煙外来の治療では、ニコチンパッチやニコチンガム、 ニコチンを含 まない飲み薬等を利用して禁煙を行なっていきますが、治療の5回目以降は健康保険適用外となってしまいますので、注意が必要です。

問い合わせ