神戸市中央区春日野道駅付近の内視鏡(胃カメラ)と禁煙外来は当院まで
HOME>禁煙外来

禁煙外来の治療法

「禁煙したい!けど、やめられない」という方、禁煙治療を始めてみませんか?

 「禁煙したい!けど、やめられない」のは、ご自分の意思が弱いからだと思っていませんか?
それは、ニコチン依存症(ND:ニコチンディペンデンス)という立派な病気です。 タバコにはヘロイン並みの依存度があり、 ご自分の意思だけでは簡単に止められるものではありません。
医師による指導のもと、禁煙補助薬を使用し、定期的なカウンセリングを受けて、禁煙成功を目指しましょう。
平成18年4月の診療報酬改定により、禁煙治療に保険を使えるようになりました。経済的にも禁煙治療は身近なものとなっています。
禁煙治療を始めてみませんか?

保険治療の対象
 保険治療の対象 

次の4つの項目全てに当てはまる方が保険給付の対象となります。
①直ちに禁煙しようと考えていること
②ニコチン依存症テスト(TDS)が5点以上である
 (テストの内容についてはページの最後をご覧ください) 
③ブリンクマン指数(1日喫煙本数×喫煙年数)が200以上である
 (例:1日20本を10年間吸い続けている方、20×10=200)
④禁煙治療を受けることを文書により同意していること
※上記の対象とならない方でも、自費で禁煙治療を受けることが出来ます。  

治療の流れ

禁煙治療は、初回診察と2週間後、4週間後、8週間後、12週間後の 計4回の再診を行います(治療方法によっては6週間後、10週間後にも再診が必要な場合があります)。 

初回診察

1)喫煙状況、TDSによるニコチン依存度の確認
2)呼気一酸化炭素濃度の測定
3)禁煙にあたっての問題点の把握とアドバイス 
4)禁煙開始日の決定
5)禁煙治療薬の選択と説明 

再診

1)喫煙(禁煙)状況や離脱症状に関する問診
2)喫煙状況とニコチン摂取量の客観的なモニタリングと結果説明 (呼気一酸化炭素濃度測定など)
3)禁煙継続にあたっての問題点の把握とアドバイス
4)禁煙治療薬の処方

卒煙

卒煙後、約2年間はタバコを吸いたい気持ちが頭から消えないと言われています。
またタバコが吸いたくなった、つい吸い始めてしまった方は、再度受診しましょう。
慢性閉塞性肺疾患(COPD)を疑われた方は、禁煙成功後も定期的に肺の検診を受けることをお勧めします。

※禁煙の途中で治療を中断してしまった方は、初回診察時から1年間は保険診療は受けられません。 

禁煙補助薬について

禁煙補助薬には、 非ニコチン製剤の「チャンピックス錠(内服薬)」とニコチン製剤の「ニコチンパッチ(外用薬)」があります。

チャンピックス錠

ニコチンを含まない飲む禁煙補助薬であり、脳内に少量のドパミンを放出させ、禁煙に伴う離脱症状やタバコに対する切望感を軽減する薬です。

【服用方法】
禁煙の予定日を決め、その1週間前から服用します。
<1週目>
1~3日目 白い錠剤1錠を1日1回、食後に服用します
4~7日目 白い錠剤2錠を1日2回、食後に服用します

<2週目以降>
青い錠剤2錠を1日2回、食後に服用します

保険では、12週間の服用まで認められています。 禁煙に成功した方でも、長期間の禁煙を確実にするため、必要に応じて12週間にわたり、延長服用することも出来ます


禁煙外来とは
たばこがやめられない理由
禁煙治療のチェックリスト
問い合わせ