神戸市中央区春日野道駅付近の内視鏡(胃カメラ)と禁煙外来は当院まで
HOME>禁煙外来

禁煙外来

禁煙外来
禁煙外来

健康のためにタバコをやめたいと考えている人はとても多く、病院の禁煙外来も患者さんが増えています。
2006年4月に禁煙の治療が健康保険適用になったため、いろいろなクリニックでは禁煙外来を設けはじめました。
禁煙外来とはタバコをやめたい人向けに、クリニックで設けられた専門外来です。
健康保険が適用されることとなって、費用の面での心配が少なくなり、禁煙外来を受診しようという気持ちになる方が増えたのです。

タバコが体によくな いという事は、頭ではわかっていても、なかなかタバコをやめることが出来ず、クリニックでド クターの指示をあおぎながら禁煙をしていこうと、禁煙外来を受診する のです。
病院の禁煙外来で、禁煙治療が保険で受けられる条件がありますので、その条件をクリアしなければ健康保険適用外になってしまうので注意が必要です。
自由診療も可能な禁煙外来も多いので、確認してみることが大切です。
禁煙外来を受診する患者さんは、ニコチン中毒の人がほとんどです。
禁煙外来では、体内にニコチンを入れなくても患者さんが我慢出来るように治療を進めていきます。
自分自身の体は、自分で守っていくしかありませんので、タバコ依存症やニコチン中毒を疑われる患者さんは、早めに禁煙外来を受診しましょう

禁煙外来と健康保険

病院の禁煙外来では、禁煙治療が健康保険の適用になる為のいくつかの条件があります。
禁煙治療の健康保険適用の条件にあてはまる場合には、禁煙外来という専門の診療科でなくても禁煙治療が受けられます。 各病院や医院などで禁煙が依頼の受け入れ態勢があるかどうかは、必ず確認してから禁煙外来を受診してください。
禁煙外来で健康保険適用になる為の条件をあげてみます。まずは、禁煙外来を受診した患者さんが禁煙を希望することです。
次に、「禁煙治療のための標準手順書」に記載されているニコチン依存についての下記に示すスクリーニングテストの結果が5点以上であり、 ニコチン依存症と診断された場合です。また、1日の喫煙本数×喫煙年数が200以上の場合であり、「禁煙治療のための標準手順書」に則った禁煙治 療について説明を受 け、禁煙外来で禁煙治療を受けることを文書により同意した場合です。

禁煙外来で禁煙治療を受ける為には、患者側にこれらのすべての条件が必要とされます。これらのすべての条件を満たした場合にのみ、 禁煙外来で禁煙治療を行う事が可能なのです。禁煙外来での治療は5回までが、健康保険が適用されます。
禁煙外来の治療は、初回、2週、4週、8週、12週、の計5回で完了となります。禁煙外来の治療では、ニコチンパッチやニコチンガム、 ニコチンを含 まない飲み薬等を利用して禁煙を行なっていきますが、治療の5回目以降は健康保険適用外となってしまいますので、注意が必要です。

禁煙外来にかかる費用
禁煙外来

体のために禁煙をしたいと思っていても、なかなかタバコがやめられない患者さんが禁煙外来を受診しますが、 禁煙外来の費用や料金が気になりますね。2006年4月から、ニコチンパッチを用いた禁煙治療の保険適用が可能となったため、いろいろな病院で禁煙外来が設けられました。
禁煙外来の受診で健康保険の適用となるためには、健康保険の適用可能な医療機関で受診をすることがひつようです。
禁煙外来を受診する前には、必ず、事前に医療機関に健康保険の適用可能であるかどうかを確認しましょう。

そして、禁煙外来での健康保険適用となる為の条件を自分が満たしていることも重要ですね。
禁煙外来での費用は健康保険適用の場合には、各医療機関で異なりますが、5回の診療で15000円位かかる場合が多いようです。
禁煙外来の自由診療の場合の費用は、この3倍以上はかかるでしょう。
禁煙外来で、健康保険適用の場合の患者さんでも、5回目以降の治療は自由診療となりますので、注意が必要ですね。禁煙外来での治療費のことを気にし て、禁煙外来を受診しないで禁煙できる人は問題はありませんが、タバコによる害によるさまざまな病気にかかってしま った場合にかかる治療費のことも考え て、早めに禁煙外来を受診することをおすすめします。


たばこをやめられない理由
禁煙外来の治療法
禁煙治療のチェックリスト
問い合わせ