神戸市中央区春日野道駅付近の内視鏡(胃カメラ)と禁煙外来は当院まで
HOME>内視鏡検査

| きむらクリニックの内視鏡 |

きむらクリニックの内視鏡
きむらクリニックの内視鏡

きむらクリニックでは痛みの少ない経鼻内視鏡検査をおこなっております。
口からの内視鏡検査では、のどの奥にある舌根にスコープが接触してしまうため、嘔吐感(咽頭反射)と窒息感に悩まされる患者さんが少なくありませんでした。 これに対して、当院では鼻からスコープを挿入する経鼻内視鏡を使用しており、スコープが舌根部に触れることなく消化器に到達するため、嘔吐感はほとんどありません。
鼻腔内には麻酔剤を塗布するため鼻の痛みもありません。

きむらクリニックの内視鏡 きむらクリニックの内視鏡

内視鏡検査を受けられたことのある方なら良くお分かりかと思いますが、検査の最中に「オエッ」という吐き気を催すことがあります。
しかも検査の前には胃の中を空っぽにしておくため、吐くものがなく余計に苦しいとの声があります。
これは、舌の付け根の舌根という部分に内視鏡がふれることで咽頭反射が起こることが原因です。
異物などを吐き出そうという防御反応であり、患者はこれをひたすら耐えるしかありません。しかし通常の内視鏡に対し、 経鼻内視鏡では鼻から挿入した内視鏡は鼻腔を通って食道に入って行きます。
舌根にふれることがないので咽頭反射はほとんどありません。

きむらクリニックの内視鏡

鼻から挿入する経鼻内視鏡検査の大きなメリットの一つに話せることがあげられます。
いうまでもなく、口から内視鏡を挿入すると、口がふさがれてしまうため話すことができません。
検査の最中に積極的に患者さんに話し掛け、雑談から、苦しくはないか、気になることはないかなど、コミュニケーションをとります。

患者様も検査中自由にしゃべることができるため、この問いかけにしっかりと応えることができるので、患者さんの負担を和らげることができます。

きむらクリニックの内視鏡

過去に口から挿入する従来の内視鏡検査を経験したことがあり、初めて経鼻内視鏡検査を受けた患者さんの95%が、今後、 経鼻内視鏡検査の方を希望すると答えています。
更に、3分の2の患者さんが、今後は口からの胃内視鏡検査は受けたくないが、経鼻内視鏡であれば検査を受けても良いとのお声もいただいております。
それだけ苦しさに大きな違いがあるので、安心して検査を受けていただくことできます


内視鏡検査について
検査の流れ
こんなときはすぐ検査
問い合わせ